いつ起こるか分からないからこそ火災保険に入っておこう

火災はいつでも起こりえる

「一筆啓上火の用心、お仙泣かすな馬肥やせ」という文章を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。これは江戸幕府の家臣が残した名文ですが、この文章を読んでみると火災と言うものが江戸時代でも気をつけるべきものであったということが分かります。「火の用心」という言葉もこの頃に作られた言葉であるとされていますが、現代でもよく使う言葉として皆さんもよくご存知のはずです。火災というものは古い時代から注意すべき事故であったようです。いつ起こるか分からない火災を保障してもらうために火災保険には必ず入っておきたいものです。

火災保険を選んでみよう

地震保険や家財保険と同じ並びにあるのが火災保険です。一戸建てでもアパートやマンションでも多くの人が火災保険に入っているはずです。主として火災から自宅を守るものですが、特約も付けられる火災保険が非常に多くなっています。賃貸では契約時や更新時に指定された火災保険に入る仕組みが圧倒的です。わざわざ火災保険を選ぶ必要がなく用意されている契約書にサインするだけで済みますが、火災保険の選択肢というものがあればよりお得な火災保険を見つけることが出来るでしょう。

火災保険にある特約って何なの?

火災保険にある特約とは火災保険にセット出来るオプションのことです。一番多い特約例としては個人賠償責任特約があります。通常の生活の中で自分自身や家族の者が他者に怪我を負わせてしまうこともあります。他人の物を壊してしまうこともあり得ます。個人賠償責任特約というのはこれらの損害賠償責任を負担することになった時にその損害を補償するものです。特約は他にもあるので自分が必要だと思うものや入っておくことで得するであろうものをピックアップした上で料金も含め総合的な面から判断しましょう。

火災保険とは家にあるもの(例えばガスコンロ等)や工場で出火した火災や風水害による損害に出る保険のことです。