信用取引でリスクを抑えて株の取引をする方法

信用取引では損切りが重要

信用取引の場合、証券会社からお金を借りたり、株を借りたりして株の取引を行うことになるので、損失が膨らんでしまうと、追加で保証金が必要になったりして、精神的にもよくありません。ですから、株価が自分の思惑とは違った方向に行ってしまったら、損失を覚悟して、一旦保有している株を決済するということが大事になってきます。これを損切りといいますが、損切りをすることによって、損失を最小限にすることができ、新たなトレードを余裕をもって行うことができるようになります。

追加保証金自動振替サービスを利用する

信用取引では、追証というものが発生する場合があります。これは、口座に入れていた保証金の額が持っている株の損失により、減ってしまった場合に発生することがあります。このような状況になったら、保有している株を決済するか、もしくは口座にお金を入れる必要があります。追証を入れなければ、自動的に株が決済されてしまうこともあります。そこで、追加保証金自動振替サービスを利用すれば、追証が発生した時に、自動的に銀行口座から証券会社の自分の口座に振り替えをしてくれるので、保有している株の決済を未然に防ぐことが出います。

信用取引保証金通知サービスを利用する

しばらく自分の口座の状況を見ていないと、知らないうちに損失が膨らんでいる場合があります。損失が膨らんでいる状況であると、追証が発生している可能性もありますが、それに気づかないということもあります。そのような事態を回避するために、信用取引保証金通知サービスを利用するという方法があります。これは、一種のアラートのようなもので、自分が設定したEメールに追証が発生している、もしくは発生する可能性があるという通知を受けることができます。このサービスを利用すれば、未然に追証の状況を把握することができます。

所持している株よりも大きな取引をしたい時に、信用取引は有効な手段です。專門のサービスを利用することで、よりスムーズに行うことができるでしょう。