ファイナンシャルプランナーの仕事の仕方について。

金融機関や不動産会社をはじめとした企業に勤める。

ファイナンシャルプランナーとは、顧客からお金に関する相談を受けてアドバイスをする人のことです。ファイナンシャルプランナーの資格を取得した後にそれを生かして就職することもできますが、企業で働く際にその資格が有利になるのはやはり、金融機関と不動産会社です。銀行や郵便局や証券会社や生命保険の業務や不動産仲介などは、ファイナンシャルプランナーとしての知識が十分に生かせます。また、顧客相手だけでなく、企業の人事部や労務部などでの仕事に就くことで、その企業で働く従業員向けに業務を行うこともできます。

独立して個人で業務を行う。

ファイナンシャルプランナーの資格があれば、自分で独立して企業や個人のお金に関する相談に乗ったりすることも可能です。また、各地で行われるお金に関するセミナーの講師をしたり、テレビなどのメディアに出演してコメントをしたりする仕事もしやすくなります。また、税理士や公認会計士などの資格を並行して取得することで仕事の幅が増えると思われます。ファイナンシャルプランナーという職業の歴史はまだ浅いため、独立してファイナンシャルプランナーの業務を行っている人はまだまだ少ないですが、今後増税や年金への不安もあることから、お金に関する相談は増えると思われるので、今後独立して業務を行うことは有利な状況にあると思われます。

成年後見制度における成年後見人になる。

成年後見制度とは、認知症や知的障害などのために自身で判断する能力が不十分なため、第三者が財産の管理や介護サービスの契約の支援を行う制度ですが、成年後見人は特に資格は必要としていないものの、ファイナンシャルプランナーの資格があれば、その知識を生かして成年後見人を引き受けることもできます。今後はますます高齢化社会になっていくので、特に今まで介護や福祉の分野で仕事をしていた人が、ファイナンシャルプランナーの資格を得ることで、ご利用者の成年後見人を引き受けるという新たな仕事を得られるようになる可能性もあります。

ファイナンシャルプランナーの中でも、高度な技術と職業倫理を身につけたものだけが持てる資格、それがcfpです。